健全な消費性資金としての借り入れであれば用途は自由

カードローンによる借り入れの多くは、健全な消費性資金としての利用であれば用途は問われていません。生活費として借りるにも、何らかの出費に対応するための借り入れであっても問題はないです。

 

ただ、健全とはいえない資金としての借り入れや、消費性資金ではない事業資金としての借り入れなどは用途として認められておらず、浪費やビジネスに使う資金としてのカードローンキャッシングは利用ができません。一部でビジネスローンとするカードローンタイプの事業資金の借り入れはありますが、そういった目的型のカードローンを除くと基本的には利用ができないのです。

 

これは消費者金融に限らず銀行でも同様で、個人が使う資金であれば用途は問われません。また、カードローンは目的型のローンのように資金使途を明確にする書類の提出なども必要としていないので、借りたお金は自由に幅広く使えます。

 

そのため、借りたお金が当初の予定とは異なる用途での利用となっても問題は無く、もちろん健全な消費性資金としてで事業資金を除く借り入れに限られていますが、資金使途の範囲内であれば自由に使えるようになっています。

 

カードローンの特徴である繰り返しの借り入れ時にも同じことが言え、今後に限度額内での反復利用をするとしても資金使途の申告は必要ありません。ATMで気軽に便利に素早く借りられるので、カードローンは消費者向けローンとして注目を集めているのです。